超国家機関の欧州委員会。様々な役割があり、委員にも求められることがある。

超国家機関の欧州委員会

超国家機関のため、委員たちには制約がある。

超国家機関である欧州委員とは、どのようなものなのか?

欧州委員会とは、欧州連合(EU)に加盟する27ヶ国からそれぞれ任命された1名を委員とし
合計27人の委員で構成されている超国家機関です。

5年間の人気の間、欧州委員会の各委員たちはそれぞれ担当政策を割り当てられ
欧州理事会によって指名、欧州議会が任命する委員長を中心とした合議制をとっています。

欧州委員会の特徴は、委員たちは自らの出身国の利益となる行動を取らないことを
求められるという点です。

すべて欧州連合にとって有益となるものだけに対して行動を起こすことがその役割であり
役割に対して違反性があると思われる行動があった場合には、欧州議会からの譴責を受ける
立場となります。

欧州委員会の主な役割は、欧州連合にとって有益であると判断される法案を提出することが
できる権限、採択された法律を執行し、遵守されることを見守る義務などが挙げられます。
その他外交に関する権限など、欧州連合の基本的な政策を執行する役割を有した機関として
存在しています。