法律執行機関としての役割。基本条約の守護者と呼ばれる欧州委員会。その役割とは?

法律執行機関としての役割

法律執行機関として、法律違反をしていないか監視します。

法律執行機関として、加盟国や市民と企業まで監視します。

欧州委員会には、法律を執行するという役割があります。
そもそも欧州連合(EU)内で適用される法律とは、欧州委員会が中心となって提出された
法案が欧州連合理事会、欧州議会で採択されたものがこれらに当てはまります。

法律が正しく執行されるために、加盟国の代表者によってつくられる委員会のサポートを
受けながら事前準備を進めます。
そして、欧州委員会は公平な機関として、欧州連合内で法律が遵守されることを見守る
役割を有するのです。

もしこの法律に違反し、欧州連合全体の利益とならない行動をとるような加盟国があった
場合は、欧州司法裁判所に訴えることができるのも役割の一つです。

法律や条約違反をしていないかという監視の対象となるのは、加盟国だけでなく欧州連合の
市民や企業も含まれています。
場合や程度によっては、これらの場合は罰金などの刑を課すこともあります。
以上のような役割から、欧州委員会は「基本条約の守護者」と呼ばれています。