法案提出権と欧州委員会。法案提出権は、欧州委員会だけが有します。なぜ、欧州委員会だけに独占させるのでしょう?

法案提出権は、欧州委員会だけが有する権限です。

法案提出権は、欧州連合全体に役立つものを提出する権限です。

法案提出権独占させるのは、法案の成立をスムーズにさせるためです。

欧州委員会が持つ役割の一つに、法案の提出権があります。
これは、欧州連合(EU)全体にとって有益であると考えられた法案を提出する役割であると同時に
権限であり、各委員の出身国の利益に反映するような内容のものは提出することができません。

また、法案提出は欧州連合の中にあるさまざまな機関の中でも、唯一欧州委員会のみが有する
役割とされています。
一部反対意見もあるものの、欧州委員会という一機関に法案提出権を独占させることで、法案の
成立がスムーズになるように配慮された影響です。

法案を提出することが役割とされていますが、提出される分野に関してはある程度の偏りが見られ
特に経済分野に関するものの割合が多いことが特徴です。

これは、法案が環境または人間に対する影響を考慮し、規制を働かせるためという意味を強く
有しているためです。
欧州連合の規模の大きさから、欧州委員会が提出した法案の内容は、現在では世界的にも大きな
影響を与える存在となっています。