欧州委員会の総局とは?総局の構成と、その業務内容、勤務する官僚の構成など。

欧州委員会の、総局の構成について

総局は4つの部門に属しています。

総局に勤務する官僚の構成や、総局の業務なども紹介しています。

欧州連合(EU)加盟国から選ばれたメンバーで構成される欧州委員会の委員たちの下には、実際の政策を執行するために欠かせない省庁があります。

それらは総局と呼ばれ、現在では大きく分けて4つの部門に各総局が属している状態です。
4つの部門とは政策部門、対外関係部門、対内サービス部門、総合サービス部門であり、委員たちの職務を全うさせるためにさまざまなサポートを行っています。

欧州委員会の総局に勤務する官僚たちは、事務総長を頂点とした枠組みの中で構成されています。
各総局は委員の補佐を行うだけでなく、自分たちの担当する分野に合わせた法案作成の準備を行っています。
総局で作られた法案に対して、委員の過半数の賛成が得られたものが、欧州議会と欧州理事会に提出される運びとなっています。

法案作成は欧州委員会の重要な権限の一つです。
このことから、総局の構成とその業務内容が、いかに重要な役割を果たしているかをうかがい知ることができます。