欧州委員会の加盟国の影響と課題。大国の影響と、委員の存在意義など。

欧州委員会の加盟国の影響と、その課題について

欧州委員会の加盟国の中でも、大国の影響が課題となっています。

加盟国の大国の影響と、意向の反映の課題。

 超国家機関として、欧州連合(EU)全体の利益と発展に貢献するような政策を執行する任務がある
欧州委員会ですが、加盟国の中でも大国とされる国々の影響を受ける場合があり、欧州委員会の一つの課題とされています。

たとえばイギリスやフランス、ドイツの意向がさまざまな面で反映されているといった具合です。

このような課題を受け、大統領制という性格も帯びている欧州委員会の委員長をはじめ、委員たちの存在意義が薄れてしまうことを懸念する声に対応する形で、最新の欧州条約の修正内容を反映したリスボン条約において、欧州理事会議長が常任されることが決定しました。

欧州理事会議長は、リスボン条約発効以前は欧州連合理事会議長国の議長が交代で就任していた
ものの、その結果議長国の利益を反映させやすい状況を生み出していたという背景があります。
現在の議長の権限としてはあくまで管理的な面が強いものとなっていますが、今後の欧州連合の
対外的な責任者の一人としてどのような権限を持ち、責務を全うしていくかが課題とされています。