ヨーロッパ中世 前期

ヨーロッパの中世の歴史の、前期を詳しく説明しています。

中世ヨーロッパ時代の幕開けは、西ローマ帝国の滅亡から始まります。

西ローマ帝国の滅亡によりヨーロッパは中世の時代の幕開けとなります。この自体はキリスト教・ローマ教会をぬきにして語る事はできません。

ゲルマン民族の大移動によりヨーロッパ各地に各部族による様々な小国家が成立します。486年にフランク人のクローヴィスが各部族を統一してフランク王国を建国します。

クローヴィスはキリスト教に改宗して勢力を伸ばし、フランク王国はほぼ西ヨーロッパを支配下におきますが、843年のヴェルダン条約、870年のメルセン条約によって西フランク王国、中フランク王国、東フランク王国に3分割されることになります。

現在の、フランス、イタリア、ドイツの原型です。その後、紆余曲折しながら西フランク王国はフランス王国へ、東フランク王国は神聖ローマ帝国へと移行していきます。中フランク王国は分権化して都市国家が成立していくことになります。

この時代を支えたのが8世紀から9世紀に封建制度です。1対1の双務契約ですが、封建的主従関係が生まれ騎士の誕生となります。もう一つが荘園制度です。

一方ローマ教会は教皇を頂点とした組織作りを強化して行きます。神聖ローマ帝国とローマ教会は聖職者の叙任権を争い対立していきます。この争いは1122年のヴォスムス協約を締結するまで続くことになります。

 

今から原付免許の問題のテスト勉強をしたいならこちら

おすすめの原付免許の問題があります。これからテストを受けるなら。