ケルト人の歴史

主にイギリスに住んでいたという、イメージが強いが、実際は?

紀元前数世紀のヨーロッパの、広い範囲で定住していた。

近年ではケルト音楽が流行った事等もあり、ケルト人の認知度は比較的高くなっている。 一般的にケルト人というのは、主にイギリスに住んでいた人種というイメージが強い。

しかし、実際は紀元前数世紀のヨーロッパの広い範囲で定住していたと考えられており、大陸に住む陸のケルト人とブリテン諸島等に住む島のケルト人がいた。

ガリア戦記に登場するガリア人も、ガリア語を話すケルト人の一派だったという意見も存在する。 しかし、ケルト人の多くが文化や言語を共有せず、各地に点在していたため、一つの民族として共通意識があったわけではなかった。

このため、歴史学においてはケルト人ではなくケルト系という呼称が一般的である。 点在するケルト人は次第にゲルマン人やローマ人の圧迫を受け、最終的にはアイルランドに残るのみとなってしまった。 その後もアングロサクソン人の征服を受け、現在ではわずかに文化を継承する人が存在するのみである。

 

今から原付免許の問題のテスト勉強をしたいならこちら

おすすめの原付免許の問題があります。これからテストを受けるなら。