ルクレツィアボルジアと、アルフォンソ1世デステ。

教皇の娘であるルクレツィアは、父アレクサンドル6世と兄チェーザレ・ボルジアの政治に利用される。

ルクレツィアの3番目の結婚相手

史上最も悪名高い、当時の教皇アレクサンドル6世の娘 ルクレツィア・ボルジアの3度目の輿入れ先に決まったのが、善政として知られるフェラーラ公エルコレ・デステの嫡男アルフォンソ1世・デステでした。 アルフォンソ1世にとっては、2度目の結婚です。

教皇の娘であるルクレツィアは、父アレクサンドル6世と兄チェーザレ・ボルジアの政治に利用され、翻弄されました。 アルフォンソ1世の前に結婚した2度の結婚は、とても気の毒な終焉でした。

1度目のジョバンニ・スフォルツァは『白い結婚』として結婚自体が無効になり、2度目のアルフォンソ・ダラゴーナは、おそらく兄チェーザレに暗殺されてしまいます。

そして3番目の結婚相手として選ばれたのが、フェラーラ公国の嫡男・アルフォンソ1世でした。
アルフォンソは、とても自由奔放で知られていました。友人との賭けのために、大衆の集まる広場に全裸で現れたり、近しい臣下のみを連れて放浪したり・・。

のちに教皇クレメンス7世に破門(→解除)されてしまいますが、平然としていた様な人です。 教皇の父が亡くなり、チェーザレが亡くなり、政治的価値が亡くなったルクレツィアでも、アルフォンソは大事にし、自分が不在の時は、国を任せたりしました。

そんなアルフォンソの子供をルクレツィアは6人出産しています。 ルクレツィアは、フェラーラでも数人の男性と浮気したりしますが、一番幸せな結婚生活を送ったのがフェラーラ公国でした。

 

今から原付免許の問題のテスト勉強をしたいならこちら

おすすめの原付免許の問題があります。これからテストを受けるなら。