イギリス・フランス両方に領土を持つ、アンジュー帝国。

イギリスのプランタジネット家が、12世紀から13世紀にかけてイギリス本土とフランス大陸両方に領土を持った国家を指す。

厳密に言うと「帝国」という名称は、ふさわしくない。

アンジュー帝国は、12世紀から13世紀にかけてイギリスのプランタジネット家が、イギリス本土とフランス大陸両方に領土を持った国家を指す。

厳密に言うと「帝国」という名称は、ふさわしくないであろう。と言うのも、本来の「帝国」は、自国の領土を周辺国への侵略により拡大し、新たに支配した領域に自国の権限を大きくアピールし、領民を支配することを意味するが、アンジュー帝国の場合はそうではない。

アンジュー帝国の場合、初代王ヘンリー2世は妃にアリエノール・ダキテーヌを迎えることによりフランス本土に領地を持つこととなった。

これは、アリエノール・ダキテーヌがフランス本土のアンジュー地方の領主であったためで、政治的に、軍事的に領土を拡張したわけではなく、そのため結婚により領土併合したヘンリー2世は、自軍をフランス本土に駐留したが、支配制度の確立まで確立していなかった。

ゆえに「帝国」という名称はふさわしくないと言える。 ただし、イギリスとフランス本土にまたがり領土を持った特異性によりアンジュー帝国という名称が通称となっている。

 

今から原付免許の問題のテスト勉強をしたいならこちら

おすすめの原付免許の問題があります。これからテストを受けるなら。