ヨーロッパ歴史に残る女傑、アリエノール・ダキテーヌ。

12世紀〜13世紀にかけてヨーロッパ史の中心人物の一人となった女性。

2度の結婚と、15年にわたる監禁生活、80歳以上の生涯。

アリエノール・ダキテーヌは、12世紀から13世紀にかけてヨーロッパ史の中心人物の一人となった女性である。 彼女は若くして南フランスのアキテーヌ地方を相続し、当時のフランス王ルイ7世と結婚する。

しかし結婚後、二人の間にトラブル続出し 感情的な亀裂を生じ1152年に離婚する。 離婚後、彼女はアンジュー伯兼ノルマンディー公であるアンリと結婚する。このアンリが後にイギリス王ヘンリー2世となり、イギリス・フランス両国にまたがるアンジュー帝国が出現する。

アリエノール・ダキテーヌは、ヘンリー2世と事実上共同統治の形をとり、優秀な息子達を育てることとなる。しかしヘンリー2世に彼女が反乱を起こしたことにより監禁され、15年にわたる監禁生活が続くこととなる。

ヘンリー2世が死去後に彼女は開放され、息子のリチャードを王とし、自らはリチャードの摂政として政治的なリーダーシップをとった。 そして当時としてはまれな80歳以上の生涯を送ることとなる。 まさに女傑の名にふさわしい人物である。

 

今から原付免許の問題のテスト勉強をしたいならこちら

おすすめの原付免許の問題があります。これからテストを受けるなら。