サービス

欧州委員会の歴史のはじまり。

条約の発効と共に、姿を変えてきた、欧州委員会。

欧州委員会の流れ

欧州連合(EU)全体の利益を求める超国家機関である欧州委員会の歴史は、さまざまな条約の
発効とともに姿を変えてきたものでした。

欧州委員会の最初の姿は、1951年の欧州石炭鉄鋼共同体の最高機関です。
委員長に就任したのはフランスのジャン・モネであり、ヨーロッパ経済の発展において
欠かせない重要な人物の一人であったと現在でも高い評価を受けています。

欧州石炭鉄鋼共同体は歴史上、ヨーロッパの超国家機関として石炭と鉄鋼における共同市場を
主な役割としていました。

その後同じような超国家機関として、経済の統合を目指す欧州経済共同体と新エネルギーの共有を
目的とした欧州原子力共同体が誕生し、最終的にブリュッセル条約においてこれら3つが統合され
単一機関として運営されることになります。

欧州委員会の歴史として、正式なはじまりはこの時点であり、この後さまざまな分野において
欧州連合の利益を得、発展を目指すべく運営を行っていきます。