ドロール委員会の功績。ユーロの父とも言われるドロールと、欧州経済停滞の打破について。

ドロール委員会の功績

ユーロの父とも呼ばれるドロールについて

ドロール委員会とは?

欧州委員会の歴代委員長の中で、最も高い評価を得ているのがフランスのジャック・ドロールです。
歴代大統領のもとで経済に関わってきた彼の手腕により、欧州委員会はその行動力を高め、委員会のあるべき姿や予算改革、欧州単一市場導入への基礎固めを行うなど、ECの立て直しに成功した歴史を持っています。

欧州委員会の歴史の中で、ドロールのなしえた業績で特に大きな評価を与えられているのが、欧州経済の停滞の打破でした。
関税の撤廃に留まっていた欧州市場のさまざまな規制を取り払うため、単一市場導入に向けた行動を起こすのです。

単一欧州議定書を経て、の労働力やモノの移動が簡単になった欧州内において統合通貨を求める声が高まり、結果としてユーロが誕生します。

このことから、ドロールはユーロの父とも呼ばれるほど欧州経済において重要な役割を果たすことに成功しました。
ドロールの2期10に渡る委員長就任時期の間に、欧州連合(EU)の歴史も開かれ、欧州委員会の歴史もまた大きな一歩を踏み出すことになりました。